コマンドプロンプトの文字コード設定

Windowsのコマンドプロンプトは使っていますでしょうか。
私はたまに使用しています。
その際、UNICODEなどで文字が化けてしまう時があります。
そこで、文字コードの設定についてメモしておきます。

文字コードを変更するにはchcpコマンドを使用します。

>chcp コードページ番号

コードページ番号ですが、マイクロソフトのページ(Code Page Identifiers)で紹介されています。

沢山あってよくわかりませんが、デフォルトは

932 shift_jis ANSI/OEM Japanese; Japanese (Shift-JIS)

です。使うのは自分はこれくらいでしょうか。

51932 euc-jp EUC Japanese
65001 utf-8 Unicode (UTF-8)

なので、uft-8にしたければ、
>chcp 65001
とすればOKです。

ちなみに、utf-8に変更しても、日本語が化けてしまうと思います。
その場合は、コマンドプロンプトのプロパティでフォントを変更しましょう。

プロンプトプロパティ

プロパティのフォントタブを選択して対応するフォント(以下の場合MSゴシック)を選択します。

プロンプトプロパティ_font