【Windows7】FFFTPの移行

Windows7の導入で大変だった事の第2弾です。今回は、FTPクライアントとして有名なFFFTPの設定の移行についてです。

FFFTPには設定の保存、読込機能が付いています。
そのため、接続先を改めて設定する手間が省けます。

しかし、今回Windows7でこの機能に一癖ありましたのでメモしておきます。

まずは、この設定の保存の基本はレジストリの保存、読込です。
そのため、Windows7では管理者権限が必要となります。ここがミソです。

実際に利用するユーザは標準ユーザなので、レジストリの操作ができないため、設定の読込をする際にはユーザー・アカウント制御機能が働いてしまうので、管理者権限のユーザで読み込みます。
そうすると、どうやら実際に使うユーザのレジストリに書き込まれず、管理者の方に書かれてしまうようです。そのため、設定が復元ささません。

そのため、一時的に利用するユーザに管理者権限を与えて復元する必要があります。

そして、インストーラー版を使うと、何故か一時的に管理者権限を与えて復元するするとユーザー・アカウント制御が働いてしまうので、注意してください。
インストーラーなし版を利用する必要があるようです。
この辺りは、環境に依存するのかどうかわかりませんが、私の環境ではそのような現象が起こりました。

まぁ、そこまでしなくても接続先が1つくらいなら設定しなおしたほうが早いでしょうね。
今回は諸事情により復元機能が必須だったのです。

他にも、たぶんこのような現象が起きるソフトが有るのではないかと思っています。