フォルダ内のファイル名一覧をdirで取得する。

職場で作業をしていると、年に1度くらいあるフォルダの内のファイルの一覧を作ることがあります。
(ふつうはないですよね)

その都度どうしたら効率よく一覧が作成できるか考えるのですが、だいたい時間がないので、力技に頼っていたり、スクリプトを組むのかなぁと漠然と考えて終わっていました。

今回、ちょっと調べたところ、dirコマンドが使えることが分かりました。
なまじプログラムを知っているので、よくないですね。
灯台下暗し、勉強不足でした。

今回は、

dir /B

でほしい結果は取得できました。

ちなみに、通常の dir で

2014/05/14 05:11 <DIR> .
2014/05/14 05:11 <DIR> ..
2012/07/26 05:33           1,108 A.lnk
2012/11/13 22:24                  7 B.bat

A.lnk
B.bat

となります。

他にdirコマンドのオプションは

DIR [ドライブ:][パス][ファイル名] [/A[[:]属性]] [/B] [/C] [/D] [/L] [/N]
[/O[[:]ソート順]] [/P] [/Q] [/R] [/S] [/T[[:]タイムフィールド]] [/W] [/X] [/4]
[ドライブ:][パス][ファイル名]
一覧表示するドライブ、ディレクトリ、またはファイルを指定します。
/A 指定された属性のファイルを表示します。
属性D ディレクトリ R 読み取り専用
H 隠しファイル A アーカイブ
S システム ファイル I 非インデックス対象ファイル
L 再解析ポイント - その属性以外
/Bファイル名のみを表示します (見出しや要約が付きません)。
/Cファイル サイズを桁区切り表示します。これは既定の設定です。/-C とすると桁区切り表示されません。
/D/W と同じですが、ファイルを列で並べ替えた一覧を表示します。
/L 小文字で表示します。
/N ファイル名を右端に表示する一覧形式を使用します。
/Oファイルを並べ替えて表示します。
ソート順 N 名前順 (アルファベット) S サイズ順 (小さい方から)
E 拡張子順 (アルファベット) D 日時順 (古い方から)
G グループ (ディレクトリから) - 降順
/P 1 画面ごとに停止して表示します。
/Q ファイルの所有者を表示します。
/R ファイルの代替データ ストリームを表示します。
/S指定されたディレクトリおよびそのサブディレクトリのすべてのファイルを表示します。
/Tどのタイム フィールドを表示するか、または並べ替えに使用するかを指定します。
タイムフィールド
C 作成
A 最終アクセス
W 最終更新
/Wワイド一覧形式で表示します。
/Xこのオプションは MS-DOS 形式以外のファイル名に対する短い名前を表示します。長い名前の前に短い名前を表示する点を除けば、/N オプションと同じです。短い名前がない場合は、ブランクに なります。
/4 4 つの数字で年を表示します。
環境変数 DIRCMD にスイッチを設定できます。
/-W のように - (ハイフン) を前に付けると、そのスイッチは無効になります。

となっています。