インフルエンザになってしまいました(発症)

生まれて初めてインフルエンザにかかってしまいました。

朝、いつものように起きてみると、首筋が非常にズキズキと痛みました。
娘がインフルエンザに罹患していたので、もしや?と思い、熱を測るも37.2℃。

取り越し苦労かと思い、新聞の廃品回収のため、新聞を縛り、外へと出しました。
しかし、首筋の痛みはひかず、念のため、横に。

しばらくして、嫁が起き、「大丈夫?」との確認が、「首筋が痛いんだよね。念のため、体温計」

そして、測ると、38.8℃!・・・「やってしまった!」・・・ほぼ確定だよね。
今日はももクロナゴヤドームなのに、行けないじゃないか・・・orz

ここまでは、なめていました。インフルエンザを。

すぐに病院に行っては、娘の時のように反応が出ないのでは、つらいので、できるだけ時間を後にして病院にと思い、土曜日であったこともあり、いつもの病院に電話をしてもらい、13時に診てもらうことに。
(このとき、病院からは、陰性でも状況によっては薬を出してもらえるとの話がありました)

この判断はあまりよくなかったようです。”悪くなったら医者へ”は基本です。

時間がたち、病院に行く時間が迫っても当然悪くなる一方。水分も取り、さて行こうと、準備をしようとしたところ、全身から冷や汗が。今まで38℃の高熱が急に下がって体が震えてとても病院ではなく、苦しみ悶えたのですが、かたや娘がぐずって余計にイライラで悪くなる始末。

挙句に、折角飲んだ水分を嘔吐してしまうという何とも予想以上の症状にビックリ。

多少時間をおいてから病院に行き、インフルエンザの検査。
結構いたいですね。鼻の中をぐりぐりと両方やるので。

結果を待って、診察室の前にいると、中から先生が、「あら、〇さん辛そうだねぇ○△※」との声が。
辛いですよと思っていると案内され、先生から「A型です。ほら、すごくはっきり出ている。大変でしょ」と。
検査結果の線の濃さで辛さが分かるみたいです。

続けて「これはやることが決まってます。」「今は、イナビルっていう1回だけ吸えばいい薬がありますので、そちらを吸引してもらって後は休んでください。」「今日は発症日で、明日から1日と数えて5日間。木曜日まで休んでください」とのこと。

はぁ。診察ってつらい時も、軽い時もあまり対応変わらないですよねぇ。

嫁が、念のため、「昨シーズンA型やっているんですけど、私もうつります?」
「可能性としては。型が違うから」
「・・・そうですか」というやり取りもありました。

その後、薬局に行き、その場でイナビルを吸引。
薬剤師さんいわく、似た症状が多いですとのことでした。

その後、帰宅しましたが、特に熱が下がるわけでも、痛みがなくなることもなく、横になって何となく寝る→目が覚める→寝る→目が覚めるの繰り返し。
途中どうもにも我慢ができず、処方してもらったカロナールを2度ほど飲みました。

※後日談
病院には、元気そうなおじさんが自分の後に診察してもらっていて、何だろうなと思っていたら、嫁の話では、お仲間だったようです。
顔色が全く違うのは、いったい何なんだろう・・・年の功かなぁ

※この文章は、少したってから書いていますので、若干記憶が錯綜しています。