今さらながらSPACE BATTLESHIP ヤマト 観てきました。

先週仕事が年内終わったということで、本日はおやすみでした。そこで、近くの映画館が月曜日は男性1000円なので、何かしらみようと思い、SPACE BATTLESHIP ヤマトを観てきました。

正直言って期待をしていませんでした。
あれだけ売れたアニメ原作で、実写化。無理にきまっていると。

しかし、意外と期待を裏切ってくれました。
さすが日本で実写化しただけあって、それなりに原作に忠実でヤマト(外伝)って感じで見ればいいのではないでしょうか。
まぁ、ほとんどの登場人物が死んでしまって続編が作れませんね(笑)

しかし、どうも配役が・・・佐渡先生を女性にして高島礼子は無理ありすぎorz
機関長に西田敏行を当てるのはわかりますが、それなら佐渡先生でしょ。うん。
機関長はもっと違う人でも何とかなったと思うぞ。
ほかは島大介が緒形直人でもいいけどキムタクと年齢のバランスが若干ねといったところでしょうか。
森雪の黒木メイサは観る前は違うと思っていましたが、今回のストーリーなら蟻だと思います。

と、いろいろ書いたのですが、自分はヤマト世代ではなく、ガンダム世代なので、ほんとうのところどうなでしょうか。

それでも、個人的にはヤマトワールドの1つと見れば結構いい作品だと思います。
いやーハリウッドで実写化されなくてよかった(^_^)