サーバを引っ越しました。

今年に入って2回目のサーバーの引っ越しをしました。

前回はこちらの通り、ミニバードを利用しました。

しかし、借りてから、このようなプログラムを書くことに目覚めました。
使用しているのはPerlで、CPANモジュールも使っています。
ミニバードではSSHが使えず、CPANをインストールすることができません。無理やりFTPでモジュールをコピーするしかなく、非常に不便でした。

そこで、SSHが使え、CPANも使えるも所として検討しました。
定番ではさくらインターネットでしょうが、メール関連の機能で、送受信時の暗号化が初期ドメインで利用されているメールアドレスに限りということで、今回はパス。
その他、月額1000円未満で検討し、レオサーバーラクサバが最終候補に残り、試用アカウントで機能を試してみました。

試したところ、ラクサバでは、何故か我が家の環境ではSSHに全く接続できず、サポートに連絡しても変わらなかったので、レオサーバーと契約しました。

今回最終候補になった2つのサービスの比較を載せておきます。

 レオサーバーラクサバ
(ラクラクベーシック)
価格(合計)※6,300円(1ヶ月あたり 525 円)4,940円(1ヶ月あたり 412円)
SSH
接続元を確定する必要あり
データベースMySQL
PostgreSQL
無制限
MySQL
5
ドメイン1つ1年無料×
POP over SSL
SMTP over SSL
WebDAV×
データベース種類PostgreSQL
MySQL
MySQL
データベース個数無制限10個
ディスク容量無制限
(3GBごとの追加申請)
30GB

気にした点だけです。他はそれぞれのホームページをご覧ください