ももクロ 国立1日目

久々にももクロのライブの感想を。

ももクロはずっと紅白出場を目標にして、達成されると国立競技場でライブ!を目標にしていました。
これは達成が難しいと思っていましたが、あっさりと実現してしまいました。

ぜひその達成の瞬間を現場で!と思っていましたが、あっさりとAEの抽選で外れ、浜松でLVとなりました。
2日間両日とも参加を考えていましたが、体調と家族サービスのため、1日のみ参加に。
ということで、1日目のみの感想です。

登場がももパンの衣装で聖火台でした。これからなんかムネアツでした。
それからシングルの発売順に曲が進んでいき、すごくシンプルで自分としては、最近の曲よりヒャダイン作曲が好きなので非常に盛り上がりました。

12曲歌い終わったところで、新曲、中島みゆき作詞作曲、”泣いてもいいんだよ”。
中島みゆきって・・・どこへ向かうんでしょうか。

その後MCや歌で特に最近の春の一大事ではゲストがいっぱい出てくるのですが、シンプルに進みました。
久しぶりにZeepNagoyaで衝撃を受けたあの日を思い出すかのようで楽しみました。

途中の映像は珍しく過去の振り返りビデオとなっていて、ここでも胸が熱くなり涙が・・

アンコールでは、レギュラーとなっている、南国ピーナッツこと、松崎しげるさんが現れ、サマーダイブを日産スタジアムで2daysとの発表!これはまた行かねば。
でも、体力が続くか・・・w

1日目は本当にシンプルで満足なライブでした!

・・・1日目終了時は2日目はゲスト満載かなと思っていましたが、どうやら違って非常に好感度の高いライブのようでした。